ミニについて

about_mini01

こわれない安心オートマ あなたのオートマも生まれ変わる

ローバーミニのオートマをあきらめていたあなた!
キャメルオートの「こわれない安心オートマ」なら、
末永く安心して乗り続けられる。

ローバーミニは
手間がかかるからこそ、
かわいい!

Q1 ローバーミニってどんなクルマ?

Q2 ローバーミニにはどのようなグレードがありますか?

Q3 ローバーミニってどの車を見ても少しずつ違いますが、なぜですか?

Q4 ローバーミニに乗る心構えって?

Q5 パワステがないですけど、女性でも運転できますか?

Q6 どんな点に気をつけてローバーミニを購入すればいいの?

Q7 メンテナンスではどんな点に気をつけたらいいでしょうか?

Q8 ローバーミニは故障が多いのですか?

Q9 維持費などのお金ってすごくかかりますか?

Q10 15年以上前に生産が終わったのにローバーミニの部品はまだ入手できるのですか?

Q11 車検の費用はいくら位かかりますか?

Q12 よくオーバーヒートするって聞きますが・・・。

Q13 「ダブルクラッチ」ってなんですか?

Q14 オートマ(AT)のローバーミニの乗り方を教えて下さい。


Q1 ローバーミニってどんなクルマ?

1959年に誕生した、世界初の前輪駆動(FF)の量産型自動車です。
限りなく小さいボディに、大人4人が乗れる車というコンセプトで誕生しました。
基本設計はそのままで2000年まで40年以上生産されていました。
生産終了から15年以上経過してしまい、ローバーミニを欲しいと思ったときに買わないと手に入りにくい「希少な車」となっています。

と、難しい歴史はさておき。
とにかく見た目がどの角度から見てもミニはかわいい、でも走ってみると街中がサーキットに様変わり、ただミニに乗っているというだけで湧き出るミニオーナーの親近感。路上をすれ違う2台のローバーミニ、相手のことを知らなくても運転手同士が手を挙げて挨拶してしまう。そんなクルマ、ローバーミニ以外で思いつきますか?

そんなクルマが「ローバーミニ」です。

Q2 ローバーミニにはどのようなグレードがありますか?

ローバーミニのことを「ミニクーパー」と呼ぶことがありますが、正式には「ミニ」が車名で、「クーパー」はグレード名です。
ローバーミニのグレードには「クーパー」のほか、「メイフェア」「ケンジントン」などがあります。
さらに、年式によって様々な限定モデルがありますので、希少なグレードのローバーミニを所有するのも楽しみです。

Q3 ローバーミニってどの車を見ても少しずつ違いますが、なぜですか?

Q1で書いたように、ローバーミニには現在でもまだ数え切れないくらいのアフターパーツがあります。

また、1台のミニでもオーナーが複数入れ替わるとと好みも変わり、ミニが少しずつ変化していきます。

クラシック志向・レーシング志向・ドレスアップ志向・etc
ミニの長い歴史やワンオーナーこそのこだわり、オーナーが変わることによるミニの変化などが「同じローバーミニは存在しない(!)」と言われる理由です。

乗る人の好みによってカスタマイズするのがのローバーミニの楽しみ方です。パーツカタログを見ながら、ミニのイベントで他のミニを見ながら、次何をするか楽しんでくださいね。

Q4 ローバーミニに乗る心構えって?

先ずは楽しもうっていう気持ち・・・それが一番大切ですよね!

あと、万が一の時の対処法を準備しておくってことですね。ミニは国産車よりトラブルに会う可能性は高いです。なにせ古い車ですから。

例えば、オーバーヒートの場合。

オーバーヒートしたミニ

ひょえ~

ミニを安全な場所に停止させて水温を下げます。これは鉄則。
走り続けちゃだめですよ。もっと壊れちゃいますから。
次は、、、人によってできることは様々。
ボンネットを開けたり、クーラントが漏れていないか確認したり。

ミニ乗りだったら「これくらい自分でなんとかせい!」という人もいるかもしれません。
でも、ほとんどの方は「どうしていいかわからない」。めったにありませんからねトラブルは。
そんな時はキャメルオートやミニ専門店にすぐ連絡してください。
適切にアドバイスしてくれるはずです。

トラブルが発生したときに落ち着いて行動できるようにしておきましょう。

更に嫌な話ですがトラブルが起きた日に、キャメルやミニ専門店が「休業日」なんてこともあります。
だからキャメルオートでは、ロードサービスで実績のあるJAFやレッカーサービスの充実した自動車保険に加入することを積極的にオススメしています。

余談ですが、JAFの整備士さんが現場でトラブル原因を特定してしまうことって多いんです。うまくいけばその場で直しちゃいます。

レッカーサービスの牽引可能距離も大切。久々に遠くまでドライブ。でもミニが止まって帰りはレッカー。しかも、しっかりとしたレッカーサービスに入っていなかったので、レッカー料金数万円。(T_T)これ本当の話なんです。

Q5 パワステがないですけど、女性でも運転できますか?

ローバーミニを最初に運転して思うこと第1位は、「ハンドルが重い」。
男性でも女性でも一緒。
昔の車はパワステなんてありませんでしたから。

ただ、「女性でも運転できますか?」の答えはYES!
完全に停止した状態でのハンドル操作は男性でも重いので、この状態で運転したくないです。
でも、実はミニが少しでも動いていれば、ハンドル操作が楽になり女性でも運転できるようになります。
「慣れ」の問題というのはちょっと無責任かもしれませんが、乗っているうちにコツは掴めますし、普通に運転できるようになりますよ。

Q6 どんな点に気をつけてローバーミニを購入すればいいの?

いろいろチェックするところはあるのですが、自分ですべてチェックするのは難しいですよね。
ですので、仕入から納車まで、あなたに代わってちゃんとチェックしてくれて、買ってからのメンテナンスでも頼りになるお店を選ぶことが一番重要だと思います。
キャメルオートには徹底的納車整備ローバーミニの購入特典がありますし、オイル交換時にメカニックが安心点検を行っていますので、ご安心ください。
また、メンテナンスの状態はわからない・整備保証の一切ない現状販売のミニが他の店にあったら・・・。買う前にちゃんと走るための整備費用がいくら掛かるか確認をしておきましょう。要は、購入費用だけでなく整備費用が必要になるということです。

Q7 メンテナンスではどんな点に気をつけたらいいでしょうか?

まず、絶対にオイル交換を忘れないでください。
「走行距離3,000km」か「半年」が交換目安です。
ローバーミニのオイルはミッションやデフのオイルも兼ねていますので、オイルが劣化していくとミニへのダメージにつながりますので注意してくださいね。
またエンジンを掛けたとき、走行しているときなど、いつもと違うなって感じたら、すぐキャメルオートに連絡してください。音・振動・におい、ローバーミニが注意信号を出してくれます。

ローバーミニに精通したキャメルオートのメカニック・スタッフがあなたをしっかりサポートします。

Q8 ローバーミニは故障が多いのですか?

答えはYESです(水まわり・足まわり・電装系・ミッションなど)。゚

ただ、これはローバーミニの日頃のメンテナンスの状況によります。
「2年に1度の車検の時だけ整備すれば」というミニと「オイル交換も3,000kmごと、走る前にエンジンオイルとクーラント漏れがあるかチェックする」というミニを一括りにはできません。
ローバーミニは手がかかります。でも、手がかかっても乗り続けたいという価値があるから今でもミニは人気があります。
そんな大切なミニを「2年に1度の車検の時だけ」という感じにしないであげてください。
ちょっとした異変(音や振動、においなど)に気をつけて、こまめにメンテナンスをすれば、大きなトラブルは防げます。

キャメルオートでも安心点検付きオイル交換で、プロのメカニックが、より永くローバーミニに乗り続けていくためのアドバイスをさせていただきます。
また、キャメルオートのスタッフブログを是非ご覧ください。
先輩のローバーミニオーナーのエピソード・整備記録が参考になるはずです。ローバーミニの情報の宝庫ですよ。

Q9 維持費などのお金ってすごくかかりますか?

「大金を投じる」ということは、メンテナンスされているローバーミニだったら、通常考えられません。Q8でも触れましたが、オーナーが日常のメンテナンスや気遣いをしてあげれば維持費は低く抑えられます。
ですから、3,000km 毎のオイル交換の金額に定期的な交換部品といったプラスアルファ・・・ってとこではないでしょうか。
詳細はオイル交換メンテナンスのページをご覧ください。
但し、2年に1回の車検時にしかメンテナンスを行わないローバーミニは、車検時に大きなトラブルを抱えてしまうことが多く、維持費がとてつもなく膨れ上がってしまいます。

Q10 15年以上前に生産が終わったのにローバーミニの部品はまだ入手できるのですか?

一般的に生産が終わって10年も経過すると自動車の部品は入手が難しくなります。
クラシックカーに乗っている方は入手が難しいパーツを職人さんに専用に作ってもらうこともあり、そうなると部品の値段は高くなります。

しかし、ローバーミニは現在でも多くのパーツが英国などで作られており、日本では三和トレーディングなどが英国から輸入し、日本全国のローバーミニ専門店の供給しています。
さらに、最近は日本国内でもローバーミニのパーツを作るミニの専門店も増えており、ローバーミニが長く乗り続けられるよう、全国のローバーミニファンと専門店が頑張ってます。
しかも、値段も比較的リーズナブルです。(もちろんパーツによりけりですけど(笑))
例えば、冗談ではなく、ローバーミニの「ボディ」も「パーツ」として入手することができるんです。値段は怖くて聞けないですが。
ボディが手に入るということは新車のローバーミニだって作れるってことですよね。

Q11 車検の費用はいくら位かかりますか?

車検の費用自体は12万ぐらいですが、車検を通すために必要な整備や今後も永く乗り続けるための整備費用も考える必要があります。
平均的には20万円前後とお考えください。

残念ながら車歴が長くなればなるほど、ローバーミニの不具合も増えてきます。
定期的にメンテナンスをしている方はこの平均額で収まりますが、国産車と同じようにメンテナンスフリーで車検の時だけご来店という場合は
車検の時にまとめて整備すると金額は膨れ上がりますので、普段から細かなメンテナンスをすることが大事だと思います。
詳細は車検のページをご覧ください。

Q12 よくオーバーヒートするって聞きますが・・・。

ローバーミニはオーバーヒートするとよく言われますが、正確には「メンテナンスをしていないローバーミニ」がオーバーヒートしています。
例えば、オイルやクーラントを変えたのがいつか覚えていないとか、タイヤのスリップサインが出ているのに交換せず乗り続けているとか、心当たりありませんか。
確かに昔のローバーミニはリザーブタンクも無く、電動ファンも無いタイプは水も減りやすくて、オーバーヒートしやすかったです。
でも年式の新しいミニではリザーブタンクや電動ファンも装着されたものも多く、メンテナンスをしていればもちろん大丈夫です。

Q13 「ダブルクラッチ」ってなんですか?

マニュアルミッションのMINIで気持ちよくシフトダウン、アップが出来るテクニックです。動画を用意しましたので、ご覧ください。