クラシックMINIの水路洗浄してますか?

夏支度でおなじみの水路洗浄。
キャメルでは新たに導入したLLCチェンジャーを使っての、水路洗浄と冷却水入替えを行っています。

冷却能力不足が発覚するのは暑い夏に多いのは当然ですが、夏じゃなくても冷却水の水路はキレイにしておかないとネ。
それにMINIのエンジンは鉄だから、何にもしなきゃ錆びてきちゃいます。
キレイにした後しっかり防錆対策もしておきましょう。

daijyoubu_07_01

daijyoubu_07_02

ラジエター洗浄液を入れて、20分くらいアイドリングでエンジンを回します。
ヒーターバルブも忘れずに開けておきます。
この間に、電動ファンが回るかもチェックします。

すごく汚れていたり錆がひどい場合は、洗浄によって漏れ出すことがありますので、事前に注意が必要です。
汚れがひどい時は、まずは水だけの洗浄から行います。

ここで、LLCチェンジャー登場!

daijyoubu_07_03

LLCチャンジャーの操作盤。 高圧エアを使って、加圧、負圧をコントロールします。

daijyoubu_07_06

 ラジエターキャップの口から吸い出します。

daijyoubu_07_05

汚れと混じった冷却水を吸いだします。

動画はこちらからどうぞ。

サーモスイッチ不良で電動ファンが回らなかったMINIはこの時点で交換。

daijyoubu_07_06

通常、90度でオン83度でオフといった調整を行います、この差は小さすぎてもいけません。
キャメルでテストして使ってるのは、92℃以下で作動して、5℃以上の差で停止するものを選んでます。

daijyoubu_07_07

 その後、水を入れては抜き取りを何回か繰り返して最後に、水道水の圧力とウォーターポンプで循環させて最後のすすぎをします。

daijyoubu_07_08

 洗浄液を残さずに洗い切るのが大切。

LLCは金属を錆びさせてしまうので防錆機能を付加してあります。
ただ、その防錆機能は先になくなってしまうので、補ってあげる必要があります。

daijyoubu_07_09

daijyoubu_07_10

 その後、LLC原液を2リットル入れます。

daijyoubu_07_11

ラジエターキャップは消耗品です。

daijyoubu_07_12

水温が下がってから水位を確認して、水路洗浄終了です。

水路洗浄は夏支度だけじゃありませんよ。年間を通して行ってます。

LLCチェンジャーと循環式洗浄 8,000円
ラジエターフラッシング剤 1,200円
LLC 2リットル 1,800円
クーラントブースター 1,600円
合計 12,600円(税別)

go_blog