エンジン

engine_01キャブレーション車でもインジェクション車でも、

  • エンジン音が大きくなった
  • 振動が大きくなった
  • なんか臭う
  • アイドリングが不安定
  • 加速が悪い
  • 排気ガスが黒い

こんな症状は、エンジントラブルの前兆です。

「ん?ちょっと違うぞ。」というオーナー様の感覚が、ローバーミニを長く乗り続ける一番のポイントなんです。

おかしいと思ったときは、キャメルオートにご連絡ください。

engineインジェクションのローバーミニであれば、ECUチェッカーで故障診断ができます。
例えば、黒煙の原因のひとつで、エンジンの負荷をECUに伝えるバキュームホースからのエア漏れ。目視では発見が難しいトラブルも、ECUチェッカーがあればすぐ発見できます。
燃調に大きく影響する水温センサーの異常や、ECUに繋がる配線やコネクターなどの不良をはじめとして、各センサー・アイドルアップ・クーラー・水温計などの動作チェックもECUチェッカーで行うことができるのです。

もちろん、キャブレーションのローバーミニもお任せください。数多くのローバーミニを整備しているキャメルオートのスタッフが、しっかりチェックさせていただきます。

go_blog