LEPTON(レプトン)

lepton
グラビトンは2タイプの活性化装置を設置することによっていつまでも元気なMINIを守ります。

燃料と空気の両方を活性化することにより燃焼効率を高め、クリーンな排ガスとパワーUPを両立させました。
さらにセラミックのフラットな周波数特性は、オイル、ゴム製品、バッテリー液まで及び、ラバーコーン、タイヤ、エンジンオイル、グリスなどの活性化を即しエンジン、ギアーの静粛でスムースな回転と消耗部品の超寿命化を達成します。

  • トルクアップと20~30%の燃費向上 ・バッテリー活性化による快適な始動
  • 排気ガスCO2、CO、HC、NOXの減少 ・サスペンションの活性化による乗り心地の改良
  • エンジン音、回転ノイズの減少 ・タイヤの長持ちとロードホールディングの改良

ガソリンは分子レベルで見れば、分子同士がくっついた大きなクラスター状態になっています。
空気成分の20%の酸素も同じ様に数10の塊として存在しています。
グラビトンとインテークギアは空気、燃料それぞれの分子の振動スペクトル域と同調するように設計され、共鳴吸収の原理により分子を微細活性化します。

lepton2

活性化された空気と燃料分子は完全燃焼に近づき、すばやい爆発時間と大きな爆発力を生みます。
排気ガスとして環境を汚していたエネルギーがトルクに変わります。
その結果、同回転数では高いスピードを得られ、ターボエンジンでは低い回転数からターボの作動がはじまります。

lepton3

 レプトンについてはブログでも取り上げております。ぜひ、ご覧ください。

go_blog

スタッフブログの関連記事