マニュアル(MT)

mtエンジンとマニュアル(MT)が一体構造なのは、オートマ(AT)と同じで、日頃のオイルメンテナンスが重要です。

さらに、クラッチのメンテナンスにも気を配る必要があります。エンジンの力を変速ギヤに伝えるクラッチ板はその使い方で寿命が大きく変わります。
低回転でクラッチをしっかりと繋げることを心がけましょう。
ただ、クラッチ板はいつか擦り減って、クラッチが滑ってきますので、その際はクラッチ板の交換が必要です。

また、変速のときにミッション内でギヤの回転を合わせてくれる「シンクロナイザーリング」は、ローバーミニの弱点のひとつです。
コレが磨り減ってくると、例えば2速・3速に入れるときにギヤ鳴りするようになります。
ダブルクラッチというテクニックで対処する方法もありますが、やはり根本治療はマニュアルミッションのオーバーホールです。
さらに、ギヤ鳴りさせて出てきた鉄粉はエンジンやミッションの寿命を縮めてしまいます。早めの修理をお奨めします。

go_blog